ブレーキオイルのエア抜きを詳しく解説

ブレーキオイルのエア抜きはちょっと微妙な部分があります。そこで詳しく解説しておきます。

マスターシリンダー部のエア抜き手順


マスターシリンダー側のエアを抜きます。リザーブタンクのブタを開け、リザーブタンクの底の穴から気泡が出なくなり、レバーやペダルに重みを感じるまで、ゆっくりとレバーやペダルを動かします。

※リザーブタンク内の小さい穴から気泡が出なくなり、レバーに重みを感じるまで、レバーやペダルを動かしてください。

次はキャリバー部のエア抜きです。まず、オイルブリーダーにビニールチューブを取付け、リザーブタンクにこぼれない程度にオイルを満たし、ブレーキレバー(ペダル)を数回握り(踏み)ます。

次にレバー(ペダル)を握った(踏んだ)まま、オイルブリーダーを約1/2回転緩め、すぐに締めます。

これをリザーブタンクのブレーキオイルを切らさないように補充しながら、ビニールチューブから気泡が出てこなくなるまで繰り返します。

作業後の点検・洗浄

気泡が出なくなったらオイルブリーダーを締め、リザーブタンクに規定量まで、ブレーキオイルを補充します。

各部の締め付けを点検後、リザーブタンクやマスターシリンダー、キャリパーに付着したブレーキオイルを水やブレーキクリーナーで洗い流します。

ブレーキオイルの交換


リザーブタンク内のオイルをスポイドなどで吸い取り、新しいオイルを入れます。後はエア抜きと同じ要領で、キャリパーから濁ったオイルが出てこなくなるまで行ないます。

キヤリパーをスイングアームから取外し、オイルブリーダーを上に向け、ディスクプレートの代わりにパッドの間にスパナなどをはさんでエア抜きを行ないましょう。

エア抜きやブレーキオイルを交換した場合、周りに付いたオイルで塗装面などを傷めるのを防ぐため、作業後に各部を水やアルコール系のブレーキクリーナーで洗浄しましょう。

マスターシリンダーの構造

 

ブレーキに油圧を発生させるマスターシリンダーは、定期的な点検が義務付けられています。マスターシリンダーの点検は、ブーツを外し、オイルが漏れていないか点検します。オイル漏れがあった場合、オーバーホールを行ないます。

マスターシリンダーの取外し

ブレーキオイルを完全に抜き取り、ブレーキレバー(ペダル)、ストップランプスイッチ、ブレーキホースをマスターシリンダーから取外し、車体からマスターシリンダーを取外します。その後、マスターシリンダーブーツを外し、サークリップをスナップリングプライヤーで取外し、インナーキットを抜きます。

spacer