ホイールベアリングの交換を自力で試してみる

ホイールベアリングの交換はそれなりに工具も使います。じゅうぶんな環境と工具のある方はぜひ交換してみてください。

ベアリング交換の手順


まずホイールを車体から取外し、古タイヤや台の上に交換するベアリング側を下向きに置きます。

オイルシールの取外し

オイルシールが取付けられている場合、オイルシールを-(マイナス)ドライバーで取外します。-度取外したオイルシールは再使用できません。ベアリング交換後新品を取付けます。

ベアリングの取外し

交換するベアリングとは反対側のアクスルシャフトの貫通穴から、金属製の丸棒や-(マイナス)ドライバーなどのあて棒を差し込み、ホイールベアリングのインナーレールにあて、ハンマーで叩き出します。この時、インナーレール部全周を満遍なくロロくようにします。

一箇所だけを集中して叩くと、ベアリングが斜めに押し出され、ホイールハブ部が損傷します。また、あて棒はインナーレール部に正確にあたっているか確認しましょう。間違ってホイールハブ部を叩くとハブ部が損傷します。

ベアリングの組付けツプ内側にグリスを塗布した後、ホイールベアリングの組付けは、交換する印側を外側に向け、ベアリング組付け時と同じ向きにします。

取付穴を清掃後ように頁っ直ぐに置き、ホイールハブ部に新しいベアリングを真っ直ぐに置きます。この時、新品ベアリングはシールが取付けられている面を外側に向けます。取外した古いベアリングを上からあて、アウターレース部をオイルシール外径と同程度のボックスレンチなどを上からあて、ハンマーで叩いてはめ込みます。

ベアリングの組付け古いベアリングを上からあてて、ハンマーで叩いてはめ込ハンマーなどで叩いてはめます。この時、新しいベアリングが斜めに入っていかないよう確認しながら、アウターレールを満遍なく叩きます。

ブレーキシューの種類


バイクのブレーキは、フロントホイールとリヤホイールに独立して取付けられ、ディスクブレーキと幕ラムブレーキの2種類があります。

ディスクブレーキは、ホイールに取付けられた円盤状のディスクプレートをブレーキバッドと呼ばれる摩擦材で挟んで制動力を発生させます。

ドラムブレーキは、ホイールハブ部と一体成型された円筒状のドラム部の内側から、ブレーキシューと呼ばれる摩擦材を押しつけて制動力を発生させます。

また、ブレーキシューの開く方向によってリーディング・トレーリング型と2リーディング型に分けられます。

ブレーキパッド、シューの残量点検

ブレーキをかける度に、パッドやシューは少しずつ減っていきます。パッドやシューが減ってしまうとブレーキは正常に作動しません。

ブレーキパッドの残呈の点検は、ブレーキバッドの溝で行ないます。キャリバー後側などからパッドの溝は確認できます。溝がなくなっていれば交換します。

ブレーキシューの残呈は、バックプレートの残呈目盛りで確認します。ブレーキレバーを握ると、ワイヤーによってバックプレートに取付けられたレバーが引っ張られます。この時、レバー根元の指針が目盛りを超えていれば、交換時期です

spacer