ブレーキパッド交換に挑戦

難しい作業のイメージがあるブレーキパッドの交換ですが、一度経験すればさほど大変な作業ではありません。今回はブレーキパッド交換について。

ブレーキパッドの交換の基本的な作業手順


ブレーキパッドの交換方法は、ブレーキキャリパーの構造によって若干異なります。キャリパー背面からパッドを取外せるタイプの場合、プラスチック製カバーや薄い金属板のキャリパーサポートを取外します。

取付けピンの取外し

パッドをキャリパーに固定しているピンを抜き取ります。このピンは、キャリパーを貫通して反対側をクリップで留めているものやネジになっているもの、その上から脱落防止用のキャップで留められてあるものなど色々なタイプがあります。

クリップの取外し

クリップで留められているタイプは、クリップをプライヤーなどで引き抜き、ピンを抜きます。ネジ式は、へキサゴンレンチで緩めていけばそのまま抜けます。キャップ付きは、キャップを一(マイナス)ドライバーで外してからピンを抜きます。で、ピンを抜いたら、キャリパー背面よりブレーキパッドを抜き取ります。

ブレーキオイルの残量点検

新品のパッドに交換する場合、マスターシリンダーのリザーブタンクにどの程度オイルが入っているか確認します。ハイレベル近くまで入っている場合、ピストンを押し戻すとキャリパー内のオイルがリザーブタンクに逆流してあふれます。ローレベルまで、オイルを抜いておきます。

キャリバービストンの押し戻し

パッドが減った分、外部に飛び出したピストンを、専用工具やウォーターポンププライヤーでキャリパー内に押し戻します。ピストンを押し戻す場合、初めにピストンとキャリバーの隙間のパッドのカスなどの汚れを、ブレ-キクリーナーを使って拭き取ります。

プライヤーでピストンを押し戻す場合、キャリパー本体にキズが付かないように、ウエスなどを挟んでおきます。また、ピストンにキズが付かないよう古いパッドごと挟むようにします。

対向ピストン式で、専用工具がない場合、パッドとパッドの隙間に-(マイナス)ドライバーを差し込み、徐々に隙間を広げるようにしてピストンを押し戻します。

ブレーキパッドの取付け


古いパッドを再使用する場合、ワイヤーブラシでパッドの溝につまったカスを取除き、ディスクプレートとの摩擦熱によって硬化した表面を粗目のサンドベーパーで削っておきます。また、新品パッドの場合でも、パッド表面やカドの部分を軽く削っておくと、初期のブレーキの効きが良くなります。

ブレーキパッドの取付けは、取外し時の反対 の順序で行ないます。パッド取付け時にキャリパーやピストン、シムとの接触面に専用のブレーキグリスを塗布します。

キャリパー前面からパッドを取外すタイプ

このキャリパーのパッド交換は、構造上、パッドをキャリパー背面より取り出せないため、キャリパーをフロントフォークから取外してから行ないます。

ブレーキキャリバーの取外し


初めにフロントフォークやスイングアームからキャリパーを取外します。キャリパーの取外しは、キャリパーの取付けボルトをメガネかボックスレンチで緩めて取外します。

ブレーキパッドの取外し

ブレーキパッドの交換は、背面からパッドを取外せるタイプと同じようにパッドをピンで固定しているものは、ピンを抜いて行ないます。パッド自体はキャリパー前面から取り出します。パッドがピンでなく、キャリパー本体に金具で固定されているものは、キャリパーを取外し金具を外してパッドをキャリパーから取外し
ます。

パッド交換時の手順や注意点は、パッドを背面から取外せるタイプと同じです。

ブレーキパッドの取付け

パッドの取付けは、取外し時と反対の手順で行ないます。注意点は、パッドを背面から取外せるタイプと同じです。キャリバーを車体に取りつけます。

spacer