ディスクブレーキ車のブレーキチェック

ディスクブレーキ車のブレーキチェックについてお伝えします。

メーターケーブルとブレーキキャリバーの取外しケーブルロックナットをプライヤーで緩めてスピードメーターケーブルを取外し、ブレーキキャリパーをメガネやボックスレンチを使ってフロントフォークから取外します。この時、ブレーキホースは緩めません。

ホイールの取外し


メガネレンチでアクスルナットとアクスルホルダーを緩め、アクスルシャフトを抜き取りホイールを取外します。フロントホイールには、スピードメーターを動かすギヤユニットやカラーが組み付けられています。

ホイールを取外し後、ギヤユニットがスムーズに回転するか、力ラー内側に段付き図8/ホイールの取外し 摩耗がないか点検しましょう。

ホイールの取付け

フロントホイールの取付けは取外しと反対の手順で行ないます。この時、アクスルシャフトやフロントホイールのオイルシールにグリスを塗布します。次にギヤユニットとメータークラッチを噛み合わせて組付けます。

この時、ユニットの溝にクラッチのツメがかみ合うようにします。溝とツメが合っていないと、スピードメー夕一が正常に動かなくなります。

リアホイールの脱着

アクスルナットの取外し


アクスルナット緩み止めの割りピンをプライヤーなどで引き抜き、メガネレンチでアクスル

アクスルナットの取外し

取外します。ディスクブレーキ車は、ブレーキキャリパーを取外さなければならない場合もあります。ドラムブレーキ車はブレーキロッドやトルクロッドを取外します。

ホイールを車体から半分程度ずらしスブロケットからチェーンを取外す。

アクスルナツトの緩み止めの割りピンは-度抜いたら交換しましょう。また、取外したホイールを倒したりするとディスクプレートが曲がることがありますから注意しましょう。

チェーンの取外し

ホイールから取外して長期間保管する場合、チェーンアジャスターをスパナやメガネレン一番下に古タイヤを置き、その上に寝かせると良いでしょう。

ホイールの取付け

取付けは取外しと反対の手順で行ないます。組付け時、アクスルシャフトやホイールに取付けられたオイルシールのリップ部にグリスを塗布します。

アスクルシャフトの点検

アクスルシャフトは転倒などで無理な力が加わると曲がる場合があります。アクスルシャフトが抜けにくい場合は、曲がりや段付き摩耗、サビなどがないか点検しましょう。

spacer