意外と見落としがちなタイヤ交換

今回はタイや交換のポイントについて。

タイヤ交換の方法は、チューブレスタイヤとチューブ入りタイヤでは若干異なります。以下、手順です。

タイヤのエアを抜く

バルブのムシを抜いてタイヤの空気を抜きます。この時、バルブキャップをあらかじめムシ抜き用のものに変えておくと便利です。※バルブキャップをムシ抜き用のものに交換しておく。

ムシ抜きがない場合は、ドライバーなどの先端部分でムシの頭を押さえて空気を抜きます。

ビート落とし

タイヤの空気が抜けたら、タイヤの側面を足で踏んでホイールリムからタイヤのビート部を落とします。この時、ホイールリム部にキズを付けたり、ディスクプレートを曲げないように、タイヤの下側に台や古タイヤを入れておきます。片側が終わったら反対側のビートも同様に落とします。

チューブタイヤの場合、空気を抜いてビートを落とすところは同じですが、空気を抜く時にホイールにバルブを留めているナットを緩めておきます。

また、ビートストッパーが付いている場合、ビートストッパーの取付けナットも緩めておきます。※ビートストッパーの取付けナットを緩めておく。

タイヤの取外し


ビートが外れたら、リムとビートの間にタイヤレバーを2本差し込んでビートをホイールリムから外します。これを数回繰り返すと、タイヤの片側をホイールから取外せます。一方が取外せたら、反対側も同様にして取外します。

チューブ入りタイヤの場合、タイヤレバーを差し込む時、チューブを挟んで穴を空けないように注意しましょう。片側のビートが外れたらチューブを抜き取り、反対側のビートをホイールリムから同様の方法で外します。

タイヤの取付け

タイヤの取付けは、取外しの反対の手頂で行ないます。チューブタイヤの場合、チューワ・をタイヤに入れる時に、軽く膨らむ程度に空気を入れておくと、レバーで穴を空けにくくなります。

リムの中心部の外径の小さな部分を利用してビートを寄せるようにしましょう。タイヤレパーを使うには、ある程度の力が必要です。強く押さえておかないと、ゴムの反力によってレバーが弾かれることがあります。

ロードモデルのリヤタイヤによく使われている幅が広く偏平率の小さいタイヤは,タイヤチェンジャーなどがないと交換できない場合があります。

spacer